産業医について|札幌市中央区の労働衛生科・内科、産業医|札幌ワーカーズクリニック

札幌ワーカーズクリニック

ご予約・お問い合わせはこちらまで

011-209-5544

ホーム > 産業医について

業医について

産業医とは?

働く人が快適な環境で健康に働けるように専門的な立場から指導・助言を行う医師のことです。労働安全衛生法により、一定規模以上(現在は50人以上)の事業所は産業医を選任しなければならないことが義務づけられています。産業医は職場の安全衛生委員会に出席したり、職場巡視や健康診断結果に対する指導を行ったり、個別の健康相談等を行います。産業医はその場で医療行為は行いませんが、必要に応じて専門医を紹介したり、労働者のプライバシーに配慮しつつ主治医と連絡をとって個別の相談を行ったりします。

産業医の仕事について

いろいろとありますが、具体的には以下のようなことを行います。

  • 健康診断の実施とその結果に基づく措置
  • 作業環境の管理と改善
  • 作業管理についてのアドバイス
  • 健康教育、健康相談、衛生教育
  • 健康障害の原因調査、再発防止の措置
  • 職場の定期巡視
  • 長時間過重労働に係る健康相談
  • メンタルヘルスに係る健康相談

50人未満の事業所の健康相談窓口

小規模事業場の労働者を対象とした健康相談(メンタルヘルス、過重労働、健康診断の事後措置など)については、国の補助により札幌市地域産業保健センター(札幌市医師会館1階)が相談窓口を定期的に開いており、無料で相談が受けられます。 平成21年度より札幌ワーカーズクリニックは札幌市地域産業保健センターのブランチ医療機関、サテライト医療機関として登録しました。したがって、当クリニックでも気軽に相談ができますので、札幌市地域産業保健センターを通じてお申し込み下さい。

◆予約・相談はこちら>>札幌市地域産業保健センター(http://www.spmed.jp/sapporo-sanpo/)

嘱託産業医契約について

札幌ワーカーズクリニックに併設している佐藤 修二労働衛生コンサルタント事務所で産業医に関する業務を行っています。産業医契約内容は企業の事情により多少の差がありますが、基本的には札幌市産業医協議会のモデルに沿って契約をさせていただいております。契約を希望される場合には直接ご連絡下さい。

労働衛生コンサルタント事務所

労働衛生コンサルタントって何?

労働衛生コンサルタントとは 昭和47年に労働安全衛生法に基づいて創設された、労働安全衛生法第83条に基づく労働衛生コンサルタント試験に合格し、厚生労働省に資格を授与された専門家です。労働衛生コンサルタントである医師は産業医の中でもより高度な能力と専門性を兼ね備えた者と評価されています。

労働衛生コンサルタントの仕事は産業医業務に加えて他の産業医の実務研修指導などを行います。

当事務所で実施している活動は以下の通りです

当事務所で実施している活動は以下の通りです 契約事業所さまの産業保健に係る相談(メンタルヘルス、過重労働、健康診断結果の事後措置など) 札幌市地域産業保健センターを通じて相談に来られた小規模事業所さまの無料相談 個人で来られた方の産業保健・職業性疾病の労災申請に係る相談 地域・職域の産業保健に係る調査研究

  • 契約事業所さまの産業保健に係る相談(メンタルヘルス、過重労働、健康診断結果の事後措置など)
  • 札幌市地域産業保健センターを通じて相談に来られた小規模事業所さまの無料相談
  • 個人で来られた方の産業保健・職業性疾病の労災申請に係る相談
  • 地域・職域の産業保健に係る調査研究

依頼者の立場に立って親身に相談に応じます。お気軽にお問い合わせ下さい。

メリットはあるの?

  • 経営に役立つ安全衛生管理を教えてくれます。
  • 社内では得がたい安全衛生上の専門家の指導を受けることができます。
  • 社内では気がつかない安全衛生上の問題点を明らかにして、有効で効果的な方法を教えてくれます。

業務の実施について

労働安全衛生法第86条にあるとおり、労働安全・衛生コンサルタントには、法律により守秘義務があるので、安心して相談に応じられます。

所在地・お問い合わせ先

〒060-0005
札幌市中央区北5条西2丁目5番地
JRタワーオフィスプラザさっぽろ7F

TEL
011-209-5544
FAX
011-209-5545